sim-top-pr-icon

格安SIMはたくさんの種類が正直どれを選んだら良いのかわかりませんよね。格安SIM大学ではすべての格安SIMを実際にいろいろな場所で数ヶ月間に渡ってテストした結果、自信を持っておすすめできると判定した格安SIMだけを厳選して案内しています。我々をすべての格安SIMを複数枚購入してテストしたので失敗だらけでした・・・。しかし、データとしてまとめると良い格安SIMが結果として出てきました。

例えば月額6000円のスマホ料金を格安SIMにするだけで月額2000円に節約出来てしまいます。格安SIMの最大のメリットはサービス品質を落とさずに月額料金を大幅に節約できることです。

kakuyasusim-ryoukin

正直月額6000円〜10,000円もする料金を払っているのはもったいないと言えます。これはドコモやau、ソフトバンクはショップの維持費や人件費、宣伝費用、設備投資にお金がかかります。これらは私達の月額料金を使って維持されています。しかし、格安SIMはそのキャリアの設備を借りていてショップを持たず、宣伝はwebページのみのため大幅に低コストで運用できるため月額料金が下がる仕組みです。

このサイトではそのメリットたくさんの格安SIMを選びかたから必要な条件から最適なものを選んでいだけるようにしています。格安SIMには品質やサービスが悪いものがありますが、そのようなものはそもそも間違えて選ぶと後々後悔するため、このサイトでは最初から除外しています。「この格安SIMにしてよかった」と思っていただける最適な格安SIM選びのお手伝いにされば幸いです。

 

格安SIMや格安スマホは「早く乗り換えた人が得をする」仕組み

最近は大手キャリアから格安SIMや格安スマホに乗り換える人が爆発的に増えています。これは違約金を払ってでもできるだけ早く乗り換えたほうが得をするからです。たとえばドコモやau、ソフトバンクは契約更新月以外に乗り換えると違約金が10,000円ほど取られます。わたしから言わせればキャリアの月額料金も違約金もボッタクリです。大手キャリアとか株価と会社の資産を調べてみててください。毎年ものすごい勢いで利益が増加し続けています。特にソフトバンクとかはものすごく利用者からお金を回収しています。株価が毎年上がり続けている理由はかなりの利益を回収できているからです。

mnp-guide

格安SIMは乗り換えた月からいきなり月額料金が8,500円程度から2,000円程度になるため、毎月6,000円以上の差額が出てきます。

違約金は1万円で契約手数料は3,000円程度なのでこの差額分を考えても3ヶ月も使えば違約金分は回収できて、その翌月からは毎月6,000円浮いてくるので、すぐに回収できます。お小遣いが月に6,000円増えるのと同じなのでいつの間にか自由に使えるお金が増えることになります。

このように、格安SIMは早く乗り換えた人が特をする仕組みになっているのです。この事に早く気がついた人はとっくに格安SIMや格安スマホに乗り換えて、浮いた分のお金を趣味やおいしい食べ物や旅行に使っています。

 

はじめての格安SIMに最適な格安SIM

いろいろな格安SIMとプランがあるため、はじめて格安SIMへの乗り換えを考えた時にはどれを選んだいいのかわからないと思います。いろいろな格安SIMをテストした結果、はじめての格安SIMで絶対に失敗しない格安SIMとしてmineoの3GB/月プランがおすすめです。mineoは現在発売されている格安SIMの中で「利用者満足度ナンバー1」を獲得しているお値段以上の品質で「格安SIMはサポートと品質がいまいち」という常識を覆した格安SIMです。

mineo-manzokudo-king

いろいろな格安SIMを使ってきた人でも最終的にはこのmineoに落ち着く人が多く、通信品質、ユーザーサポート、サービス内容のどれをとっても、どの格安SIMよりも高品質になっています。

3GB/月プランだとデータ通信だけのプランで900円/月、音声通話(電話)機能を付けても月額1,600円で収まります。格安SIM大学テストチームで長くテストしていますが、どの格安SIMよりも快適で使いやすいという結果になっています。また、他の格安SIMに無いバースト機能という高速データ通信を切って節約している状態(3GB/月などの使用容量としてカウントされない)でも快適に通信することができます。

mineo-yasukunaeu

しかも、この状態でも今人気のポケモンGOを快適にプレイできるため、通信料0円でポケモンGOを楽しめるというわけです。

また、翌月繰り越しや余った高速通信データ量を家族で分け合えるので無駄なく利用することができるのも人気の秘密です。mineoはauやdocomoのスマホだけでなくiPhoneに挿すだけでも使えます。そのためはじめての格安SIMとして選ばれているのです。

home-iconmineoの公式サイト

 

格安SIM大学がおすすめする格安SIM

goldmedalmineo(マイネオ)これを選んでおけば間違い無し!王道格安SIM

mineo-homepage
当サイトが一番おすすめするmineoは満足度ナンバー1を獲得してる格安SIMの王様的な存在の格安SIMです。通常格安SIMはdocomo系のau系の回線の両方が選べます。そのため、docomoのスマホやiPhoneにはdocomo系のDプランを、 auのスマホやauのiPhonenいはau系のAプランを使うと何もしてくてもそのまま今使っているスマホで使えます。また、au系の回線を使っている 格安SIMで高速データ量の翌月繰越に対応しているのはこのmineoだけです。

mineo-mnp

他の格安と違ってサポートが手厚くわからないことがあった ら丁寧に教えてくれます。今使っている電話番号をそのまま使うMNPを使ってmineoに乗り換える場合でも、他の格安SIMは1〜2週間通信と通話がで きない期間があるのに対してmineoは1〜2時間だけ使えない時間があるだけでスムーズに乗り換える事ができます。翌月繰り越しにバースト機能、高速通 信データ量の節約機能もあり通信品質の良いmineoははじめての格安SIMに最適な選択です。プランは毎月無料で自由に変更できるので必要な量だけ契約するという無駄の無い使い方ができます。

home-icon公式サイト: mineo

→mineoの詳細と特徴はこちらにまとめています

 

OCN モバイル ONE OCNの安心感が欲しい方に!

ocn-mobile-one-homapage
OCNモバイルONEはOCNという知名度から格安SIMの中で一番利用者が多いです。OCNグループの安心感とマツコ・デラックスなどを起用したことにより知名度が爆発的にあがりました。トップシェアといっても通信速度も通信品質は他の格安SIMより少し高速というくらいで特別月額料金が安いわけでもありません。さらに最近利用者が増えすぎて通信速度が低下しているのでmineoと比較すると快適とは言えない状態です。

ただ、OCNグループという安心感と利用者数がナンバー1であるという安心感が欲しい場合にはおすすめできる格安SIMです。やはり使っているものが有名ブランドであればそれだけでも安心できるということもあります。利用者の急増による設備投資が間に合っておらずmineoと比べると通信速度は、早い時と遅い時のムラが激しいという結果が出ています。

OCNモバイルONEは050plusというIP電話の基本料金が無料で使えるため人気があります。最大5枚までSIMを契約でき容量がシェアできるので複数台のスマホやスマホとタブレットなどの複数の端末で容量をシェアしたい場合は適しています。追加のSIMは月額450円しかかからないため維持費がとても安くなるので複数台持ちの場合はコストパフォーマンスが良い格安SIMです。

設備が増強されるにはしばらく時間がかかるので数ヶ月は通信速度が遅い時間がありますが、動画のベビーユーザーでなければそんなに気にならないでしょう。

高速データ量の翌月繰り越しや節約のON/OFFがアプリから簡単にできます。また、プランは毎月無料で自由に変更できるので必要な量だけ契約するという無駄の無い使い方ができます。

home-icon公式サイト: OCNモバイルONE

→OCN モバイル ONEの詳細と特徴はこちらにまとめています

 

DMM mobile ずっと最安値の月額料金で使いたい方に最適!

dmm-mobile-homepage
 DMM mobileは「業界最安値の料金で提供する」と宣言している格安SIMで実際どの格安SIMのすべてのプランとくらべても最安値になっています。他の格安SIMが値下げをしてDMM mobileよりも安くするとDMM mobileも追従して価格を下げています。もちろん契約済の利用者も対象で安くなります。また、選べるプランもすべての格安SIMの中で一番多く10円単位で月額料金を節約できる画期的な格安SIMです。とにかく10円でも安い最安値で利用したい方に最適な格安SIMです。「安い=悪い」ではなく「安くても=高品質」を上手く実現しています。

実際に出る通信速度も他の格安SIMとくらべても速く安定しています。格安SIMは最安値ですが格安スマホプランで契約すると割高なのでSIMだけが必要な場合のみに選ぶようにしましょう。

ただし、価格を抑える反面mineoなどのコミュニティやチャットサポート、twitterでもサポートはありませんので、ある程度知識があって自分で初期設定ができる方におすすめします。自信がない場合は素直にmineoを選んでおきましょう。たった数百円の違いでサポートあり、なしの違いは大きいですよ。

DMM mobileもバースト機能や翌月繰り越し、高速データ通信のON/OFFに対応しており最安値なのに高性能で使っていると驚かされます。どの格安SIMよりもコストパフォーマンスは良いです。8GB/月以上のプランを選択すると最大3枚の格安SIMで容量をシェアできます。たとえば音声(通話)機能月のSIM1枚+データ通信用のSIM2枚契約という使い方もできます。

DMM mobileよりも安く利用できる格安SIMは存在しません。

home-icon公式サイト: DMM mobile

→DMM mobileの詳細と特徴はこちらにまとめています

 

楽天モバイル 通話(電話)をけっこう使う方に最適!楽天ポイントも貯まる!

rakuten-mobile-homepage
楽天モバイルは大手楽天が運営する格安SIMです。スマホとセットでも購入でき多くの端末から選ぶことができます。

格安SIMは通話料が高くどの格安SIMは通常30秒で20円かかります。しかし楽天モバイルは通話に特化しており、まず楽天でんわアプリを使って電話をかけると30秒10円でかけられ半額になります。

さらに月額850円の「5分間かけ放題オプション」を使うことでどれだけ通話をしても5分以内であれば無料で電話をかけることができます。

月額料金でも「楽天スーパーポイント」が貯まるので楽天サービスの楽天市場や楽天ショッピングなどをよく使っているかたにはポイントが貯まるのでお得になります。

「楽天モバイルSIMアプリ」という専用アプリを使えば毎月のデータ使用量や残っている高速通信量がひと目で分かるので便利です。高速通信のON/OFFもできるので上手く使うと節約してデータを使うことができて女性にも好評です。

home-icon公式サイト: 楽天モバイル

→楽天モバイルの詳細と特徴はこちらにまとめています

 

TONE(トーンモバイル)月額1,000円で使い放題の画期的な格安スマホ!

tone-mobile-homepage
TONEモバイルは大手レンタルショップのTSUTAYAが販売している格安スマホです。月額1,000円という他の格安スマホが真似できない最安値で利用でき、 TSUTAYA店頭サポートをはじめ無料での電話や遠隔サポートがあり、スマホ教室もあるこれ以上のサポート体制は存在しないといってもいいほどサポートが手厚い格安スマホです。このサポート料金は月額料金に最初から含まれているので何回使っても無料です。

月額料金が安いだけなくサポートが充実しているので、子供のためのスマホや家族、おばあちゃんやおじいちゃんのスマホ、自分用のはじめてのスマホとして一番選ばれています。

安いから悪いわけではなく、とても快適にで不満なく利用できます。通信回線はドコモを使っているので地下でも山間部でも安定してつながります。しかもパケット使い放題なので制限なしに好きなだけ利用できます。

機種はm14とm15の2つが選択できますが、m15を選ぶとポケモンGOもAR機能を含めたフル機能が使えるのでポケモンGO専用スマホや子供用のスマホとして爆発的人気があります。

安くてもスマホの性能は高くなっていて、LINEやLINE電話、Skype、Youtube、Facebookや好きなアプリも自由にインストールができて高画質な動画を見る時以外は不満は全くありません。

はじめてのスマホとして最適な格安スマホはTONEトーンモバイル以外存在しません。

home-icon公式サイト: TONEトーンモバイル

→TONEトーンモバイルの詳細と特徴はこちらにまとめています