tikatetu-smartphone

格安SIMは品質が悪いというイメージを持っているかもしれません。しかし、地下鉄や山間部でも問題なくつながります。格安SIMは設備としてdocomoやauのものを使っているので普通につながります。しかし、通信速度に関しては格安SIM(MVNO)ごとに異なります。

 

地下鉄や山間部でも格安SIMは問題なくつながります。

冒頭で説明したとおり、格安SIMでも問題なくつながります。

格安SIMにはdocomo系の格安SIMとau系の格安SIMが存在します。docomo系の格安SIMであればdocomoの設備を、au系の格安SIMであればauの設備を使っています。そのため、docomoやauがつながっている地域や場所であれば問題なく繋がるというわけです。

 

地下鉄や山間部で一番安定して通信ができてた格安SIMは「mineo」

メジャーからマイナーまですべての格安SIMをテストした結果、一番安定して使えた格安SIMは「mineo」でした。ユーザー満足度ナンバー1というのは通信品質もよいからです。

ユーザー利用者数ナンバー1のOCNモバイルONEはその人気ぶりに通信品質も高いと思っていましたが、通信速度は不安定で遅くmineoには全くかなわないという結果になりました。

mineoはau回線を使ったAプランのものとdocomo回線を使ったDプランの2つから選べます。そのどちらも安定して使えました。山間部はdocomoの設備が整っているのでDプランのほうが繋がる範囲が広かったです。

mineo(マイネオ)

mineo-homepage
当サイトが一番おすすめするmineoは満足度ナンバー1を獲得してる格安SIMの王様的な存在の格安SIMで す。通常格安SIMはdocomo系のau系の回線の両方が選べます。そのため、docomoのスマホやiPhoneにはdocomo系のDプランを、 auのスマホやauのiPhonenいはau系のAプランを使うと何もしてくてもそのまま今使っているスマホで使えます。また、au系の回線を使っている 格安SIMで高速データ量の翌月繰越に対応しているのはこのmineoだけです。

他の格安と違ってサポートが手厚くわからないことがあっ た ら丁寧に教えてくれます。今使っている電話番号をそのまま使うMNPを使ってmineoに乗り換える場合でも、他の格安SIMは1〜2週間通信と通話がで きない期間があるのに対してmineoは1〜2時間だけ使えない時間があるだけでスムーズに乗り換える事ができます。

翌月繰り越しにバースト機能、高速通 信データ量の節約機能もあり通信品質の良いmineoははじめての格安SIMに最適な選択です。プランは毎月無料で自由に変更できるので必要な量だけ契約 するという無駄の無い使い方ができます。

home-icon公式サイト: mineo

→mineoの申し込み手順はこちらにまとめています