格安SIMとは

Subscriber Identity Module(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略で日本語にすると【加入者識別規格】となります。

また一般的にSIMと言われるのは「SIMカード」の事を指します。

 

SIMカードとは

通信サービスを提供する会社が発行する
「契約者(加入者)情報を記録したICカード」で
携帯電話機に差し込んで利用者の識別に使います。

このSIMカードは小さなICチップになっており、それぞれが固有の識別番号をもっています。
通信事業社と契約する際に付与される電話番号が
このSIMカードが持つ固有の番号と紐付けられる事により、通信が可能となるのです。

つまりスマホやガラケー、タブレットなどのモバイル端末に差し込んで使用する
データ通信や音声通話などを行うために必要不可欠なICチップカードとなります。

SIMカードを抜いたらどうなるの

・電話を掛けることも受電することも、データ通信をすることもできなくなる
・端末としては機能しているので 無線LANに繋いだり Bluetooth接続をしたり
カメラを使ったり、電話やメール・データ通信以外のことはできる

※機種変更をして今は使用をしていない携帯電話を起動したら?

⇒電話もメールもできないけど、昔撮った写真を見たり、

カメラを起動することはできるこの状態がまさに「SIMカード」がない状態となります。

 

格安SIMはなぜ安いのか

通信設備への投資・回収が必要ないからです。

SIMのMVNO事業者は自社で通信設備を持っておらず、

 

それらをキャリアからレンタルして通信サービスを展開しているため、

基地局を整備や通信設備の増強やメンテナンスに対するコストがかかりません。

また、データ通信量を必要な量に絞り、

端末代やメールサービスを付加しないことで

 

サービス内容をシンプルにしているため、

低価格での提供が可能となっています。